Web利用者の多数を占めるスマートフォンにも対応

Googleストリートビューは、PCはもちろん、タブレットやスマートフォンなど、あらゆるデバイスから閲覧が可能なマルチデバイス対応のサービスです。マルチデバイス、とりわけモバイル端末からのアクセスが可能であることは、集客において非常に重要です。その理由を簡単に解説いたします。

Web利用者は国民の8割

近年国内でのインターネット利用者の割合は微増を続けており、昨年の調査では国民の80.9%となっており、ほとんどの人がインターネットを利用しています。

利用機器はスマホとパソコン

さらに、使用しているデバイスの内訳を見ると、2017年にはスマートフォンがパソコンを抜いてインターネット利用のトップになりました。その割合は75.1%ですので、国民のインターネット利用者の約61%はスマートフォンからインターネットを利用している、ということになります。

多くの場合、じっくり情報を集めたい時にはパソコンを使い、外出先などで手軽に情報を知りたい時にはスマートフォンを使用する、というふうにWebを利用します。このため、マルチデバイス対応のGoogleストリートビューはあらゆるシチュエーションでの利用に適合しているサービスとなります。多くのインターネット利用者にPR可能な広報手段であると同時に、近場のお店の情報をさっと手早く知りたいといったライトな状況にも対応するので、需要の取りこぼしが少なくなります。