パノラマ画像は情報量が圧倒的

Googleストリートビューが提供する、全周360度のパノラマ画像は、Webサイトで多く使用される写真と比較して、圧倒的な情報量を誇ります。

全周画像ですので、画像を動かしてあらゆる方向を見ることができ、さらに拡大も可能です。画像内で移動することができ、あたかもその場所にいるようなVR体験を見る人にもたらします。

この360度動かせるという特長は写真にはない面白さで、動かす動作は脳を刺激し印象にも残りやすくなります。

写真ではどうしても、店内や施設内の雰囲気や広さといった感覚的な情報を伝えるのが難しいものですが、パノラマ画像を用いることで写真の弱点をカバーし、効果的なPRを行うことができます。


見えることで来店ハードルが下がる

単に写真を掲載するよりも、見る人は施設や店舗の雰囲気や広さといった「行かなければわからない情報」を手に入れることができるため親近感を持ちやすく、「中がわからないからやめておこう」という来店ハードルを取り去ることができます。

自社でWebサイトをお持ちの場合、サイト内にGoogleストリートビューを設置すると、興味を持って画像を動かしてもらえることが多くなるため、サイトの滞在時間が伸びることが報告されています。

滞在時間が延びるということは、お店や施設の情報に触れる時間が長くなるということですので親近感がわき、見る人の中で「知っているお店・施設」となります。知っているということは、心理的に来店しやすい環境になる、と言えます。

また、仮に自店サイトがなくても、GoogleストリートビューはGoogleMapやGoogle検索結果から簡単に見ることができますので、自店サイトを開設する前からでも店舗PRを行うことが可能です。

サイトの維持管理が難しいとお考えの店舗様でも気軽に使うことができるPR手法です。