世界中の風景をどこからでも閲覧可能なWebサービス

Googleストリートビューは2007年にGoogleが開始した、世界中の道路沿いの風景を360°のパノラマ画像で閲覧できる無料のWebサービスです。

サービス開始以降、世界中の大小様々な路上風景を追加し、2008年から日本版のサービスがスタートしました。幾度かの名称変更を経て、2011年からは屋内の画像も表示できるようになりました。翌年からは国内でも屋内版がスタートし、近年は店舗や事業所の新しいPR手法として注目され、都市部を中心に利用が進んでいます。

上の2つの画像をドラッグもしくはスワイプしてみてください。画像を360°動かせるでしょう。また、画像内で移動も可能です。これらはあたかもその場所に自分自身がいるようなバーチャルな体験を人々にもたらします。スマートフォン向けに専用のアプリもリリースされ、世界中のどこにいても、遠く離れた場所への無料のバーチャルツアーを人々に提供しています。


Street Viewの撮影


これらのGoogleストリートビューは、Googleは路上については専用車両を、自然公園などはトレッカーと呼ばれる背負式の機材を、著名な美術館などではトロリーという手押し式の機材を使って撮影しています。


ぐりフォトでの撮影


店舗や事業所内については、Google認定パートナーあるいは認定パートナー企業と契約した企業や個人、もしくは認定フォトグラファーが専用の機材を使用して撮影しています。多くは高画質の一眼レフカメラとパノラマ画像撮影専用機材を用います。
※私共ぐりフォトは、Googleストリートビュー認定パートナーの株式会社フレックスと契約し、所定の撮影技能講習を修了しております。